金峰山と瑞牆山を縦走して地平線ストライドになった

端的に言うとこれになった

f:id:gyumeshi320:20181113213006j:plain:w500

金峰山マ〜〜〜〜〜〜〜ジで良いのでみんな行こうねという内容です

行程

ヤマノススメでは「一泊二日テント泊」「瑞牆山金峰山」の順で登っていますが、自分は「一泊二日金峰山小屋泊」「金峰山瑞牆山」の順で登りました。

  • 1日目

    • みずがき山荘に到着(10:15)
    • みずがき山荘から富士見平小屋へ(11:00)
    • 富士見平小屋から鷹見岩へ(12:00)
    • 鷹見岩から大日岩へ(14:00)
    • 大日岩から金峰山小屋(16:00)
  • 2日目

    • 金峰山小屋で起床(5:00)
    • 金峰山小屋から金峰山頂上へ(5:30)
    • ご来光撮影等(6:45)
    • 金峰山から富士見平小屋まで下山(9:30)
    • 富士見平小屋から瑞牆山頂上へ(12:00)
    • 瑞牆山頂上から富士見平小屋へ(14:00)
    • 昼飯(15:00)
    • ダッシュで富士見平小屋からみずがき山荘のバス停へ(15:15)

途中鷹見岩とか大日岩に寄り道したり小屋に泊まったりしてますが、歩いたルートはだいたいヤマノススメと同じです。

当初の予定

ヤマノススメのアニメを見てから瑞牆山金峰山の縦走は絶対したいと思っていて、テント泊デビューもここでしたいなぁと思ってました。実際、瑞牆山はテント泊デビューにいい山らしいですよ。

でも金峰山の山頂近くに金峰山小屋っていう、山小屋とは思えないありえん良すぎるところを発見しちゃって、テント泊をやめてこっちに泊まろうと思いました。

www.yamaonsen.com

ワイン飲めるんだよ!?!?!

しかもカレー食べ放題、コーヒーとかココアとか飲み放題!?高度2500mあたりでこんな小屋があるの、すっごくないで、す、か!?!

あと金峰山の山頂に近いのでご来光登山可能なんですよ。ふもとの小屋(富士見平小屋)の近くでテント泊するとそれはきついです。そんなわけでアドしかない。


1日目

大日岩でiPhoneが充電切れになって絶望するまで

韮崎駅よりバスに乗ってみずがき山荘に到着。11月前半ってのもあって、ゆるゆりさん☆ハイ!10話の歳納京子と赤座あかりちゃんみたいに震えるレベルの寒さじゃないんですけどちょっと肌寒かったです。

みずがき山荘からちょっと歩いたところには瑞牆山の山体を一望できるスポットがあります。これ見ると登山のモチベが上がりますべ

f:id:gyumeshi320:20181113215018j:plain:w500

富士見平小屋を経由して金峰山登山道へ。金峰山の登山道は落ち葉ゾーン→苔ゾーン→木の根っこゾーン→岩場→稜線って感じで道がどんどん変化していくのが楽しくてよかったです。なんといっても稜線歩けるのはいいですね。

道中、鷹見岩と大日岩っていう変わった岩に寄り道しました。両方とも山頂にも負けず劣らず眺めがいいんですよね。下の写真は鷹見岩からの景色です。

f:id:gyumeshi320:20181113213646j:plain:w500

大日岩に達したあたりでザックの中でモバブに繋いで充電していたはずのiPhoneを取り出したら電池が14%になっていて「は?」ってなりました。

なんということでしょう。lightningケーブルの先端が折れて充電ができなくなってました。というわけでもうツイッターなんか開いてる余裕がなく、紙媒体ではなくスマホの登山地図に頼っていたので行きて帰ってこれるか心配になってきちゃいました。えへへ

f:id:gyumeshi320:20181113222911j:plain:w300

これは金峰山小屋で撮った無残なケーブルの写真です

金峰山小屋はいいぞ

金峰山小屋に到着し、チェックインを済ませたら晩飯の時間まで飲み放題のコーヒーを飲みながら晩飯の時間までくつろいでました。小屋には色々登山雑誌とか漫画があるので、例えばスマホの充電とコミュ力を持ち合わせていないような単独登山客でも黙々読書をしながら晩飯の時間まで時間を潰すことができます。

あ、でももしかしたら天下のiPhoneユーザーがこの小屋に宿泊なさってるかもと思って、ちょっとコミュ力使ってlightningケーブルを持ってないかと他の登山客に聞いて回りました。すると貸してくださる斎藤かえでさんのように寛大な心を持った方がいらっしゃいました。その節は本当にありがとうございました。私も転生したらこんな登山女子になりたいと思いました。

そして金峰山小屋の夕食、最高。

f:id:gyumeshi320:20181113225454j:plain:w500

チキン!!!メロン!!!!ワイン!!!!👏👏👏

下界でもこんなご飯はそんなに食べないんですけど、やっぱり山の中で食べられるってすごいことですよ。心の中でスタンディングオベーションしました。このあとおかわり自由のキノコカレーも出てきて、お前はどこまで伸びるんだと思いました。

就寝まで

寝床も1人1人が寝るスペースがちゃんと確保されていてよかったです。特に今回は宿泊客が少なく(60人収容に対して14人くらい)私の片側には人が寝てませんでした。

トイレも新しく建てられたようで、富士見平小屋のところより綺麗だった印象です。雨水ですが手が洗えるのもよかったです。


2日目

ご来光登山

他の登山客より一足先に起床し、ヘッドライトを装着して金峰山の山頂を目指しました。ちょっとザックから装備を出したり、色々準備してる時にガサゴソ音を立てて他の宿泊客を起こしてしまった感があるのは申し訳なかったです(準備は消灯前にやっておくべきだった)

天気は晴天でしたが時々強風が吹いてきてクッッッッッソ寒かったです。ただ、9月に登った雨の富士山に比べたら屁でもない寒さだと思いました。

f:id:gyumeshi320:20181113232428j:plain:w500

この標識誰か直してやってくれよ...

金峰山山頂は五丈岩(この記事のトップの画像でかえでさんとここなちゃんの後ろにある岩)っていう特徴的な大岩があったり、360度色々な山々が見渡せるすごい展望で文句なしに最高でした。

ちょっと起きるのが遅かったせいで星空の撮影に失敗したんですけど、ご来光は撮れました。撮影技術はお察しの通りです。やっぱりNDフィルターとか要るんですかね。

f:id:gyumeshi320:20181115220609j:plain:w500

f:id:gyumeshi320:20181113233203j:plain:w500

f:id:gyumeshi320:20181113233322j:plain:w500

富士山の時にご来光登山に失敗したってのもあって、めちゃめちゃテンション高まりました。

「どうも〜金峰山のみなさん、水曜どうでしょうで〜ございます!」って叫びましたね。新しい朝がいつものように始まるんだなぁ...

水不足+ハンガーノック瑞牆山登山

金峰山を下って富士見平小屋着いたら一休みしてすぐ瑞牆山に登りはじめました。月曜日のみずがき山荘→韮崎駅の最終バスの発車時刻が15:20なので、それまでに富士見平小屋と瑞牆山をピストンしないといけないんですよね。

瑞牆山の登山道は序盤のアップダウンがムカつくのと、中盤からひたすら岩場を登っていくので結構きつかったです。金峰山と比較して登ってる時間は1時間くらい短いんですが、急な登りが続くのがなかなか嫌でした。ヤマノススメサードシーズン11話でひなたちゃんが足を痛めるのもわかるな〜という感じ(あれは本人が無理したってのも要因の一つですが)

f:id:gyumeshi320:20181113235707j:plain:w500

また、登ってる間に水がなくなったのと、ビスコで食いつないでいたお腹がラーメンを求めはじめていてピンチになりました。

道中出会った私と同じく単独登山をしているおじ様にお水を譲っていただき、非常に助かりました。この方とは山頂までしばらく一緒に行動し、お互いに写真を撮ったりしました。登山はこういう一期一会があるのでとてもいいものです。

瑞牆山の山頂も素晴らしかったです。展望もさることながら、玉がヒュンってなる崖っぷちが楽しい。腰が引けました

f:id:gyumeshi320:20181114000259j:plain:w500

帰路

瑞牆山から下山する時、頭の中にはラーメン食べたい以外の感情がありませんでした。登る前に食えばよかったんですけど、それだと時間的に厳しくなった時やばいかなって思って食わなかったんですよね。

富士見平小屋に着いたら近くにある水場で水を確保しラーメン屋さんをはじめました。

f:id:gyumeshi320:20181114000738j:plain:w500

みずがき山荘のバスが来る前にちゃちゃっと食べたかったんですが、お湯がなかなか沸騰せず予想外に時間を食ってしまいました。即行で素ラーメンをたいらげて、富士見平小屋からみずがき山荘まで駆け下りていってギリ最終バスに間に合いました。

いや遅れたら洒落にならなかった。


まとめ

ヤマノススメサードシーズン12話のかえでさんとここなちゃんのツーショットがありえん好きなんですよね。親子かよ。

ヤマノススメのせいでどんどん健康的になってる(11/13更新)

完全にヤマノススメの影響なんですけどここ最近色々山登ってます。オタクなので毎日椅子に座ってパソコンカタカタやってんですけど、そんなんだと不健康まっしぐらだし登山は健康的にも非常に良い趣味だと思っています。ぽめぇらも山登らんかい。

できれば死ぬまでにヤマノススメに登場した山(原作の漫画に出てきたものも含む)は全て登りたい所存です。そんなわけで、ほぼ自分用なんですけどヤマノススメに登場した山をここにリストアップして、自分が登ったことがあるかどうか印をつけていきます(下のリストは随時更新していきます)

早く大キレット踏破したい

見方
  • 話数: 作中でキャラクターが登った話数
  • 登ったかどうか:
    • ○: 登れたしやりたいことできた
    • △: 登ったけどご来光見れてなかったり、やりたいことできてない
    • ×: 登ってない
  • 一言: オタクの小言

アニメ

1期

話数 山名 登ったかどうか 一言
三合目 天覧山 標高低いのに頂上の展望台からの眺めがいい
八合目 高尾山 1号路は観光客多すぎてキレそう。人嫌いは6号路を行きましょう

2期

話数 山名 登ったかどうか 一言
新三合目 三つ峠 アニメの通り、山頂だけでなく中腹からでも富士山がよく見えます
新九合目 富士山 装備さえちゃんと整えればあたしみたいなヒョロヒョロなオタクでも登れるんだからみんな登れます
新十二合目 多峯主山 天覧山まで登ったけど余裕すぎて物足りないなって方はここまで行ってみましょう。ゆーてハイキングレベルです
十四合目 霧ヶ峰(車山) × -
二十一合目 谷川岳 電車の本数少ないんだよ土合駅(怒)。鎖場もあるけど雨の日に小学生が登ってるような山です

3期

話数 山名 登ったかどうか 一言
1話 筑波山 × -
3話 天覚山 × -
3話 大高山 × -
6話 関八州見晴台 道中誰とも出会わなかったことと蜘蛛の巣パラダイスだったことしか覚えてない。晴れてれば見晴らしがいいらしいですよ
7話 赤城山地蔵岳 アニメで登ってたルートはアニメ以上に草が生い茂ってて道が見えない、ってか狭い。でも1時間くらいで登頂できます
11話 金峰山 難易度でいうと谷川岳のロープウェイを使ったルートをちょっときつくした感じ。山頂付近にある金峰山小屋はオススメです。個人的に今まで登った山で一番好きです
11話 瑞牆山 玉ヒュンな山頂が楽しい。岩場を登る箇所が多くて地味にきついです

おもいでプレゼント

話数 山名 登ったかどうか 一言
- 第二天覧山 × -

原作

アニメで出てきたのは省略

5巻

話数 山名 登ったかどうか 一言
三十四号目 棒ノ折山 × -
三十九号目 木曽駒ヶ岳 × -
四十号目 剣岳 × -

7巻

話数 山名 登ったかどうか 一言
五十一号目 龍崖山 × -

8巻

話数 山名 登ったかどうか 一言
五十五号目 下双子山 × -
五十六号目 陣馬山 難易度は高尾山レベル。でも山頂の眺めは絶対高尾山よりこっちの方がいいです。ほぼ360度のパノラマ!
五十六号目 景信山 陣馬山から歩くと結構な距離。陣馬山から高尾山まで縦走するならここをお昼休憩のポイントにした方がいいかも(ベンチがすっごい大量にありますし)
五十六号目 小仏城山 陣馬、景信と同様に茶屋があったな〜くらいのことしか覚えてない...

9巻

話数 山名 登ったかどうか 一言
五十九号目 賤ヶ岳 × -
五十九号目 八幡山 × -
六十号目 伊吹山 × -
六十一号目 荒船山 × -
六十三号目 和田山 山頂より原作で多くの人が初日の出を見ていた鳥居の場所からの眺めの方がいいと思います。頑張ればここからマイナーな山を縦走して関八州見晴台まで歩いていけます

以上








ぽめぇらも山登らんかい

www.youtube.com

富士山登って死にそうになったオタク

タイトル通り。富士山登って死にそうになった登山初心者・運動不足のオタクです。あるフォロワーさんがど〜〜〜しても書いてほしい、ということなので富士山に登ったレポートを書きます。

「これから富士山に登りたい!」ってヒョロガリヤマノススメのモテイクさん達の参考になったら幸いです(富士山の今年の登山シーズンは終わっちゃってるんで、安全に登るなら来年じゃないとダメなんですけど)

装備

あたしが富士山に登った時の服装とかザックに入れてたものとかを箇条書きにします

服装

  • ベースレイヤー(吸水性よくて速乾性に優れたやつ)
  • ミドルレイヤー(吸水性よくて速乾性に優れたやつ)
  • レインウェアー
  • ダウン
  • タイツ
  • ショートパンツ
  • 軽登山靴
  • 登山用の靴下

着てったものの商品名は書くのダルいから勘弁してくれや(^_^;)

赤文字のやつは身につけていかないと死ぬので絶対持っていきましょう。レインウェアは雨に降られたときに絶対必要です。早朝の富士山頂はありえん寒いので、ご来光を見るんだったらダウンは必須。登山靴は履いていかないと岩場で滑って死にます。

ベースレイヤーとかミドルレイヤーがよくわかんない人は「レイヤリング」でググってください

下山の際、砂走りを快適に降りていくためにゲイターも付けて行くといいと思います

ザックの中身

  • 水・食料(ヨーグリーナとかグミとか)
  • お金
  • ヘッドライト
  • 軍手
  • アイマス
  • イヤホン
  • モバイルバッテリー
  • ゴミ袋
  • カメラ・レンズ・三脚
  • ザックカバー

山中には山小屋が大量にある(ただしルートによる)ので、最悪飲食物は持っていかなくても山中で購入できます。ただし価格はちょっとお高め。

ヘッドライトはご来光登山をするなら必須。持っていかないと死にます。

軍手はちょっとよくなかったです。岩場を登るときに役に立つと思って持って行って、実際役には立ちました。しかし、雨が降ってくると水が浸透してきて手がめっちゃ冷たくなります。防水性がある、ちゃんとした登山用のグローブを使うべきです。

ザックカバーは絶対必要。雨に降られるとザックの中身がびちょびちょになっちゃいます

お金は100円玉を多めに持って行くといいです。なんでかっていうと山中のトイレは有料で、だいたい100円か200円くらいを要求されるからです。金剛杖に焼印を押してもらいたい青羽ここなちゃんみたいなオタクさんは、あらかじめゲーセンなどで両替し、大量の100円玉を用意しておきましょう。

登山レポート

9/9〜9/10の二日間を利用して富士山に登ってきました。実際どんな感じだったのか書きます。

ルート

本当はヤマノススメ15巻で雪村あおい嬢が提案していたルートを使いたかったんですが、予定していたものとは大分違うルートを辿りました。

f:id:gyumeshi320:20180912200239j:plain:w300

須走口五合目 -> 八合目の山小屋 -> 頂上 -> 吉田ルート下山道-> 富士スバルライン五合目

須走ルートは人が少なくて静かだし、森の中を通れるので涼しくて快適です。吉田ルートは観光客がいっぱいいてめっちゃ騒がしいんで苦手です。

1日目

五合目〜(晴れ)

御殿場駅より始発のバスに乗って須走口五合目へ。五合目から六合目の方へ登ってるときは晴れててめっちゃ快適でした。

六合目〜(曇り時々雨)

雨雲の中を通ってる感があってポツポツ雨が降ったり降らなかったりしました。山の天気は変わりやすいんだな〜としみじみ感じました。

それとこの辺りで軽度の高山病になりました。頭にヤマノススメの帽子被ってたから最初はそれの締め付けが強いのかなと思ってたんですけど、帽子をとっても頭が痛いんですよね。

高山病っぽくなった時は深呼吸したり、その辺をウロウロするのがいいらしいです。自分もこれで克服しました。

酸素缶を持ってる人がいましたが、あれは一時的に楽になる方法なのであんまりよくないらしい。あと、セカンドシーズン10話のお嬢みたいに寝込んじゃうのもよくないらしいです。

七合目〜(晴れ、強風)

雨雲を抜けたからか知らないんですけど一気に晴れました。ただ風がクッッッッッッッソ強かったです。

あと七合目からの登山道は砂っぽい道を歩くので、強風で砂埃が舞ってめっちゃ目に入るんですよね。キレそうでした。

八合目(晴れ、強風)

五合目に着いたのが8:35、八合目に着いたのが15:00くらいだったので、だいたい登りで6:25くらいかかりました。

今回は八合目の山荘「富士山ホテル」で一泊しました。夕飯を食べて、就寝したのは16:30頃。

寝床は寝袋が大量に並べてあってそこに寝る感じ。山登りで結構疲労が溜まってるからぐっすり寝られると思ってたんですが、全然安眠できなくて何回も寝て起きてを繰り返しました。隣に寝てる登山客が寝返りを打ってこっちにぶつかってきたり、トイレに行ったりすると起こされちゃうんですよね。

2日目

八合目(曇り、強風)

午前1:00起床。トイレ行ってお菓子を食ったらば、ヘッドライトを付けて山頂アタックに向かいました。2日目になると高所になれてくるからか、空気が薄いとか、そんなの感じなくなって疲れにくくなります(あたしはそうだった)

九合目(雨、強風)

この辺りから悪天候。ガス(霧)で周りが全然見えない、雨で岩場の道が滑る、強風でバランスを崩しそうになる、登山初心者には結構厳しい状況になってました。

山頂 3:00 (雨、強風、極寒)

あたしここで死ぬんちゃうかな〜〜〜???

と覚悟するくらい洒落にならない環境。

  • 早朝の富士山頂はただでさえ寒いのにそこに強風+雨
  • ダウンとレインウェアー着てたけど強風が吹くたびに体を震わせるレベル
  • 強風は5~10秒くらいの間隔で吹いてくる。山頂は風を遮れるものがほとんどないので四方八方から吹いてくる
  • 軍手に雨が浸透。手がどんどん冷えていって感覚が無くなってくる
  • 暗闇。霧。周りが何も見えない

とてもじゃないけどご来光なんて見れる状況じゃなかったです。周りにいた登山客には体を常時震わせてる人もいたし真剣に危なかった。

そういえば9/9(1日目)に富士山で低体温症で亡くなった方がいるらしいです。冗談でも薄着で登るなんてことはやめてちゃんとした装備を整えて登りましょう。

下山 山頂~八合目 3:30 (雨、強風、極寒)

3:30くらいに誘導灯をヘルメットを身につけた人が山頂に登ってきて「下山しろ!」って促してました。ご来光を諦めてここで下山することに。

下山道も結構危険でした。登山客が一斉に降りて行くので行列ができるんですよね。一人転んだら前の人を押してドミノ倒しになりそうな状況でした。

八合目あたりまで降りてきても風雨はおさまりませんでした。山頂ほど激しくはなかったですが...

あと八合目のあたりで太陽が登っちゃいました。悲しいんですけど、日が昇ったことで視界がよくなったことは嬉しかったです。

f:id:gyumeshi320:20180912205758j:plain:w300

下山 七合目〜 富士スバルライン五合目(曇り)

この辺までくるとさっきの悪天候が嘘みたいで、だんだん風が弱まっていき、空も晴れてきました。吉田ルートの下山道の砂走りを駆け下りていって7:00頃には富士スバルライン五合目に到着できました。

まとめ

f:id:gyumeshi320:20180912205938j:plain:w500

...はい、ということで!!!!!今回のふぐさしソングわぁ〜〜〜〜↑↑↑↑↑↑

Suaraの『星座』

www.youtube.com

鎖 -クサリ-のOPの『睡蓮-あまねく花- 』もめっちゃいい曲です。

氷川日菜を構成する70%の水分になりたい

パスパレのバンドストーリーの2章5話の氷川日菜ちゃんがすこなんだぁ!...でゎなく

氷川工場は奥多摩工業株式会社の石灰石化工工場です。

f:id:gyumeshi320:20180620234032j:plain:w500

ありえんボロいけどちゃんと稼働してます。

私は廃墟とか廃墟っぽいとこに行くのが好きで奥多摩のここもかなりお気に入りのスポットだったりします。氷川工場の魅力はクッソボロいけど動いてる&クッッッソ近づけるってとこでしょうか。

まずそのボロさは上の写真を見ておわかりいただけるかなと。そこら中サビまみれ。パッと見廃墟なんですよ。でも工場に近づくと「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」っていうベルトコンベアが石灰を運んでいる音(?)が聞こえるんですよね。あとちょくちょく工場をトラックが行き来していたり、ちゃんと工場として機能しているんだなぁ〜って感心しちゃう。

あとこの工場の裏手には敷地内じゃねぇの???ってくらい工場の近くを通ってる山道があります。

f:id:gyumeshi320:20180621000054j:plain:w500

f:id:gyumeshi320:20180621000251j:plain:w500

f:id:gyumeshi320:20180621000311j:plain:w500

今にも倒壊しそうなボロい工場にこんだけ近づけるの最高ですよね(バカにしてるんじゃないですよ)。この道、地元の人には普通に利用されているみたいで、私がここを訪れた時には2人のお爺さんとすれ違いました。

あとあと、この山道をずっと行くと崖の下に石灰運搬用のトロッコとレールが見えてきます。これも氷川工場の見所の一つですね。

f:id:gyumeshi320:20180621001858j:plain:w500

ここまで行くには手すりなし、舗装もされてなしの本当にただの山道を歩いて行くことになります。ちょいと危険です。

氷川工場周辺のうろつき方

氷川工場の外観を見たいって方は奥多摩駅を出て右のほうに進んでいきましょう。途中で橋が見えてくるのでそこを渡ると、氷川工場の外観を一望できます。また、氷川工場のすぐ下を流れる川まで降りることもできるので下から工場のバカでかさを感じちゃえます。ヌフッw

氷川工場裏手の山道に行きたいという方は奥多摩駅を出て左の方に進み、氷川小学校の方を目指して進んでいくといいです。途中踏切を渡ります。


都民のオタクさんは一回行ってみればって感じ。

...はい、ということで!!!!!今回のふぐさしソングわぁ〜〜〜〜?????

『Bitter Sweet!パラドックス

www.youtube.com

ゆるゆり10周年おめでとうございます。

バジェットガエルを飼いたい

タイトル通り。バジェットガエルを飼いたいんですよ。

バジェットガエルっていうのはこういう生き物です。

www.youtube.com

まぁカエルなんで「キャー!カエル無理ーッ!」って方いらっしゃると思うんですけど。

注目してほしいのはその鳴き声なんですよ。や、めっちゃキュートなんですよね。絶対癒される。

調べてみた感じネットショッピングで7000円くらいで売ってるので買おうと思えば手が出ない値段ではないんですよ。バジェットガエルちゃんと同居・・・・普通にアリ・・・

そんだけ

...はい!というわけでね!今回のふぐさしソングは〜〜〜!!!!

ドゥルッルウルルルルルウッルルウッルウルルルルルルルルルルルル!!!デーーーーーーン!!!!!!!!

Precious Time, Glory Days」

GXは毎週リアタイで見てました。このOPの十代の目が光るとこと、最後のネオスティ・ネオスが飛翔してタイトルがドーーンしてからのなんか切ないガッチャ!が本当にすこなんだ。

www.youtube.com